校舎詳細

パース蒲生関目校
送迎バスあり
06-6934-3600

入室について

馬渕教室へ入室を希望される方は、「入室テスト」を受験して入室資格を取得してください。

●お申し込み:校舎までお電話いただくか校舎窓口にてお申し込みください。
フォームからのお申し込みは、3日前までの受付となります。

→ブラウザの環境によっては、上記日程が表示されない場合がございます。その際はこちらをご覧ください。

校舎詳細

対象学年 小学2年生〜中学3年生
電話番号
受付時間:午後2時~午後8時 (日・祝は休み)
住所 大阪市城東区成育2-11-22
野江センチュリーマンション1F

※京阪野江駅スグ!


詳しい地図はコチラ(Googleマップ)

蒲生関目校で開講中の特別講座

校長よりひと言

■期末テストびっくり事例 〜途中報告〜

≪びっくり事例≫のご報告です。馬渕に来るとみんなで頑張ることができます。
その環境をご提供できることをお約束いたします。

中1 蒲生中Kさん・鯰江中Kさん・城陽中Kさん 中間テストに続き5科総合470点超え

中2 鯰江中 数学の平均が95点
中2 鯰江中 Hさん 前回より68点アップで420点超え 
中2 蒲生中 Hさん 前回より26点アップで460点超え
中2 蒲生中 Wさん 前回より36点アップで420点超え
中2 鯰江中 Tさん 前回より30点アップで410点超え
中2 蒲生中 Sさん 前回より19点アップで400点超え

中3 城陽中 馬渕生の過半数は450点超え、平均は446点
中3 蒲生中 Sさん 54点アップで450点超え
中3 蒲生中 Nさん 36点アップで460点超え
中3 蒲生中 Mさん 前回より75点アップ
中3 蒲生中 Tさん 前回より57点アップ


■お子様を文理学科設置校≪北野・天王寺・大手前・四條畷・高津・生野など≫
に進学させたい保護者様へ

『小学2年生からお越しください!!』
・入室時期が早ければ早いほど合格率が高くなります。ですから、小学2年生時より馬渕のコアスタディの受講が望ましいです。個別スタイルのコアスタディの授業は密度が濃く、なおかつレベルの高い1時間の授業があっという間に進んでいきます。小学2年生時と小学3年生時はコアスタディで学習していただき、小学4年生時からは集団授業形式でお子様をお預かりいたします。コアスタディで鍛えられたお子様は、学習習慣が身についていますし何より力をつけておりますので、実力テストでもかなり良い成績を取る傾向にあります。
ですので、大阪で上位の公立高校をお考えの保護者さまは、他の習い事よりも優先的にお子様を預けていただきたいと思っております。それがお子様の幸せに繋がるものと信じております。


■蒲生関目校校舎実績

『城東区の北野受験者全員合格、全員馬渕教室生!!』しかも、3年連続です。

≪公立≫

北野 1名
天王寺 2名
大手前 5名
高津 5名
四條畷 6名
生野 1名

≪私立≫

東大寺学園1名
洛南 1名
清風南海 2名
立命館 1名
明星 2名
清風 4名
四天王寺 1名
京都女子 5名
大阪桐蔭 4名(内1名は特待生)
近大附属 9名
桃山学院 4名
関西第一 3名

その他有名私立多数合格
(上記数値はSSSクラス、SSSTクラスへの移籍者を含みます)


■校舎紹介

馬渕教室蒲生関目校には、蒲生中をはじめ菫中・鯰江中・城陽中・放出中・本庄中・大阪市立東中などの地域から通塾していただいております。京阪野江駅から徒歩3分の位置にあり、中本・中浜・鴫野・放出・鯰江方面へは送迎バスも走っておりますので安心して通塾していただけます。私たち教師陣は、習い事やクラブと勉強とを両立させながら目標に向かって励むすべての生徒を強力にバックアップしていきます。徹底的な定期テスト対策で学校の内申点をしっかり確保し、入試本番に必要な学力を日々の授業で積み上げていきます。
現在、【成育小・聖賢小・榎並小・関目小・関目東小・すみれ小・鯰江小・鴫野小・城東小・中浜小・東中本小】にお通いの方々が通塾してくれています。


■小学英語(小5・小6)単科受講可能!

2011年度の公立小学校の「英語活動」必修化に加え、2012年度から「脱ゆとり」指導要領により、予想通り中学校での英語教科書が大きく難化しました。中でも、中学1年はページ数および習得単語数が大幅に増加しました。端的に申しますと、従来の約2倍のスピードで授業が進んでいます。
さらに、2018年度からは小学5年生と小学6年生では英語が正式科目になり、ますます英語の重要性が増してきております。

そこで、馬渕教室では、「イソップ物語」を題材と授業を展開したりあ、音楽や暗誦や単語テストをとりいれ、中学入学後も無理なく英語力が伸ばせるよう改良を加えています。
馬渕教室では入試のために必要な英語を小学生のうちから受講いただくことが可能です。英単語の語彙力を高め、中学2年生のテキスト内容まで踏み込んだ授業を進めます。

小6 毎週火曜日 5:15~6:00
小5 毎週火曜日 6:05~6:50


■もし休んでしまっても… 安心の補習システム【まぶち欠席フォローWeb】

欠席した授業も、塾でWeb授業を受けられるから次の授業も安心して受けることができます。苦手教科であっても、これまでの復習をしたいときに、このまぶち欠席フォローWebを応用すれば、好きな時間に、好きな量だけ、好きな復習をすることができます!実際、多くの塾生が自分の苦手を克服すべく利用しています。まぶち欠席フォローWebの授業体験も可能です。
※実際のご利用の場合、利用をスムーズにすべく、お電話等で事前予約をお願いしております。


■馬渕教室卒業生の合格体験記

★細谷 亮太 高津高校1年生 大阪市立蒲生中学卒
馬渕教室には日曜文理選抜コースや公開テスト、公立合格判定模試など様々なイベントがあり、詳しく自分の能力を知ることができると思います。先生方も授業以外のときでも、質問しに行けば優しく丁寧に教えてくださったのでとても心強かったです。馬渕教室には進路に向かって学習する環境が整っていると思います。
私は馬渕教室に入るまで塾に通ったことがなく、定期テストの勉強しかしていなかったので、学校の一回目の実力テストで散々な目に遭いました。そこで初めて入試のことについて焦りはじめ、馬渕教室に通うようになりました。馬渕教室の先生方は高校のことや受験勉強の仕方などの知識が全くなかった私に面談などで真摯に考えてくださいました。それまで私は塾は無理にレベルの高い高校を勧めてくるものだと思っていたのですが、馬渕教室は決してそんなことはなく、最後は自分の意思で決めるべきだと言われ、とても安心しました。高校見学や先生のアドバイスのおかげで自分の行きたい高校を見つけることができました。学校や馬渕教室の先生が進路のことについてたくさんアドバイスしてくださり迷うと思いますが、最後は自分の気持ちを一番尊重するべきだと思います。自分の行きたい高校が見つかったことで、さらにモチベーションも上がりました。
馬渕教室は熱意を持った素晴らしい先生が多く、生活習慣や受験との向き合い方など勉強以外のことも教えてくれます。また、受験勉強は計画を立ててから取り掛かるべきだと思います。馬渕の宿題は一度も欠かさなかったので入試のときに自信になりました。何か一つでも自分の誇れるものを作っておくべきだと思います。それをやり抜くことで本番のときに自信に繋がります。
受験勉強は不安になったり、焦ったりしますが、仲間や支えてくれている人がいます。馬渕の先生を信じて周りの人に感謝しながら、今あることを地道にこなしていくべきだと思います。努力して合格したときの喜びは何よりも大きく、一生忘れられません。馬渕教室に入って本当に良かったです。

★園 愛美 高津高校1年生 大阪市立鯰江中学卒
私は小学校4年生の時から馬渕に通い始めました。その頃から中学生になるまでは塾が楽しく勉強というより、先生や友達と話すために塾へ行っていました。私の気持ちが切り替わったタイミングは入室式だったと思います。自分の志望校を書いた時に今から受験勉強が始まるんだなと感じたのを覚えています。それからは常に高いところを目指し勉強に取り組んでいました。2年生になりSSSクラスに入りました。校舎が変わり回りの環境全てが違うところで行う授業にとても違和感がありました。それでもこのクラスの人たちについて行くことができないと志望校への合格は困難であることが分かっていたので必死に頑張っていました。先生に怒られたり思っているような点数が取れず泣きながら帰ったこともありました。でも偏差値が40程だった数学が60を超えた時に私はSSSクラスに来て良かったと思いました。
3年生の夏、周りの友達は受験に近づき、目の色が変わっていることに私は驚きました。私は大切な夏休みを何となく過ごし無駄にしてしまったのです。当たり前のように成績が下がり精神的にも身体的にも疲れてしまいました。塾に行くのも嫌になり体調を崩すことが増えました。そんな自分に嫌気が差し、自分自身の気持ちに素直になろうと思いました。私は母と相談し元居た校舎のSクラスに戻ることを決断をしました。志望校も変え、新たな気持ちで受験勉強を始めようと思うと、久しぶりに勉強することが楽しいと思えました。私は今まで自分のことしか考えていなかったことに気づきました。受験は1人では乗り越えられないんだと分かったときに、家族や塾の先生のために合格したいと思えました。
そして、受験当日。私はテストを始める直前に、今までお世話になった人の顔が次々に浮かんできて少し泣きそうになりました。でも、それが力になりどんな結果でも悔いのないような受験をすることができました。
これから受験に挑む人に伝えたいことは、自信をもつことです。私はできる、受かると思い、私のように挫折しても新たにやり直すことはできます。だから、今の自分に自信を持って満足のいく受験をしてください。


◆よくある質問にお答えします◆

Q1:塾とクラブとの両立は可能ですか?
A1:馬渕教室の中学生の授業時間は原則午後7時15分~9時40分です。この時間であれば、クラブ活動をやりきることも可能ですし、食事をきちんととることもできます。 現在、蒲生関目校の中学生の「8割」が運動部に所属しているという事実が、塾とクラブの両立を証明しています。

Q2:宿題の量はどれくらいですか?
A2:学年にもよりますが、各教科ともテキスト見開き1ページ程度です。時間にして30分から1時間あれば終わる分量ですが、力をつけていくのに十分な量になっています。ただし、宿題は教師が毎回の授業で回収して、チェックをしていきます。不十分な状態で提出すると再提出になるときもあります。やらせっぱなしにはさせませんのでご安心ください。

Q3:馬渕教室についていけるか心配です。
A3:馬渕教室では入室の際にテストを受験していただいています。このテストに合格された方は、塾の授業に十分についていける学力をお持ちです。つまずいた単元や分からない宿題などは随時、無料でフォローアップをしていますので、安心して馬渕教室にきてください。勉強やクラブ・習い事など目一杯頑張る君を馬渕教室は全力で応援します。

Q4:授業を休んだ場合のフォローについて教えてください。
A4:授業を欠席した場合は、振替授業をwebで受けることが出来ます。馬渕教室の先生の授業シーンを実際に録画したもので、自分のペースで授業を受けることが出来ます。1月から導入していますが、生徒のみなさんにはとても好評です。また、弱点単元の克服にもぴったりです。

※校舎単独実績にはSSS・灘高専門クラス移籍生を含みます。

バスルート

鴫野・放出・鯰江方面

バスルート
▲ページの先頭へ