校舎詳細

パース天王寺校
06-6628-5900

入室について

馬渕教室へ入室を希望される方は、「入室テスト」を受験して入室資格を取得してください。

●お申し込み:校舎までお電話いただくか校舎窓口にてお申し込みください。
フォームからのお申し込みは、3日前までの受付となります。

→ブラウザの環境によっては、上記日程が表示されない場合がございます。その際はこちらをご覧ください。

校舎詳細

対象学年 小学2年生〜中学3年生
電話番号
受付時間:午後2時~午後8時 (日・祝は休み)
住所
本館
大阪市阿倍野区阿倍野筋1-3-21
岸本ビル7F
別館
大阪市阿倍野区阿倍野筋2丁目1-29
AITビル3階

※JR環状線 天王寺駅スグ!
近鉄大阪 阿部野橋駅スグ!
谷町線阿倍野駅スグ!

詳しい地図はコチラ(Googleマップ)

天王寺校で開講中の特別講座

校長よりひと言

2018年度 天王寺校 合格実績!
今春も天王寺校の受験生は本当によくがんばりました!!

過去最高の合格実績!!

大阪府公立高校

北野…12名、天王寺…31名、大手前…6名、三国丘…1名、高津…4名、生野…4名
茨木…1名、岸和田…1名

私立高校

灘…1名、東大寺…6名、西大和…20名、洛南…10名、清風南海…26名
帝塚山(奈良)…21名、四天王寺…14名、清風…7名、明星…2名

文理学科設置校60名合格!公立受験者の4人に3人が文理学科設置校に合格!

★★★ 天王寺校 HOT NEWS! ★★★

【天王寺校 ご紹介】
馬渕教室天王寺校は、「あべのハルカス」や「あべのHoop」「Q's モール」に隣接する「岸本ビル」の7階にあります。立地も良く利便性にも優れているため、大阪市以外からも生徒が通塾し、互いに切磋琢磨しながら学習しています。塾生の95%以上が習い事やクラブ活動と両立しながら勉強しています。
旧3学区のターミナル校ですので、特別クラスとして、灘・東大寺を目指す『創駿会』、北野高校文理学科合格を目指す『SSST(スリーエストップ)』、天王寺高校文理学科合格を目指す『SSS(スリーエス)』などコースのラインナップも充実しております。


●入会応援キャンペーン実施中!!!●

★全学年対象
・今なら入会金(20,000円)無料!

★中1対象『小学校ご卒業おめでとうございます』
(4月15日までに入室の方に特典)
・4月授業料(最大27,000円)無料!

★全学年対象
・第2回公開テスト(5月13日)無料!

★日曜天王寺・三国丘選抜特訓(日曜特訓)新規受講生対象
・3か月間受講料無料!
※現在、他塾にお通いの方は転塾支援制度もございます!お気軽にお問い合わせください!

●定期テスト対策もバッチリ対応!●

2017年 1学期 定期テスト
450点以上獲得者が、のべ185名!!
定期テスト対策授業は、みんな真剣そのもの!学習環境がいいから、伸びるのです! どんな問題が出題されても対応できるよう、丁寧に指導します! 内申対策も馬渕にお任せですね!


●これからの模試・イベント

◆コア・スタディ説明会◆

【日時】4月7日(土)13:00~14:00
【対象学年】小学2年と小学3年
・学力・思考力の基礎を身につける低学年対象の特別講座!低学年からの通塾で勉強の楽しさ面白さを実感!
・同時にお子様の『進度判定テスト』(無料)(算数20分・国語10分)も実施!!ご参加をお待ちしております!!

◆入室説明会◆

【日時】4月7日(土)15:00~16:40
【対象学年】小学4年~中学3年
・難関高校に多くの合格実績を生み出す馬渕教室の指導についてご説明致します!!いよいよ新学期開始!馬渕で新たにスタートしませんか!
・お子様は『入室テスト』(無料)も同時実施致します!ご参加をお待ちしております!

【入室テスト科目と時間】
小4~中1:算数40分 国語40分
中2~中3:英語40分 数学40分
※毎週土曜日15:00から『入室テスト』を実施しております。もし、ご都合がつかない場合はご相談ください。

◆第1回公立合格判定模試◆

【日時】4月8日(日)12:30~17:25
【テスト科目】 英(リスニング有り)・数・国(作文有り)・理・社
※英語は公立C問題対応となります。

【対象学年】中学3年
・公立志望校における合格可能性が一目でわかる!
・精緻な成績分析で実力と弱点を確実につかむ。
・公立入試と同じ形式で挑む本格的判定模試の第1弾!
【費用】4,000円(税抜)

◆第2回公開テスト◆全学年無料!!

【日程】5月13日(日)

学年日時科目
小4~小613:40~15:10算数・国語
中113:40~16:45英・数・国・理
中2・中39:00~12:50英・数・国・理・社

「馬渕公開テスト」は、小学4年生〜中学3年生の馬渕教室生および一般生を対象としたテストです。 豊富なデータと個人成績を照合し、緻密な分析をもとにした成績資料(総合成績表、教科別成績表)は、現在の学力を正確に知り、「本番に強い」実戦力を鍛えるための確かな指針となります。中2、中3生は志望校判定も行います!!


■□馬渕は、小学生指導も充実しています!□■

①小学英語…小4 金曜日17:15~18:00
小5 金曜日18:05~18:50
小6 金曜日17:15~18:00

専門のインストラクターが楽しく指導してまいります!英語を得意科目にします!

②小学理社…小6 火曜日17:15~18:50
理科や社会は、非常に覚えることが多い科目です。中学内容を今のうちから一緒に楽しく学んでいきましょう! 馬渕のライブナビ(映像授業)で分かりやすく解説します!

③小学SS特訓講座…小5 金曜日17:15~18:00
小6 金曜日18:05~18:50

将来の難関校受験を見すえた小学生からの特訓講座が開講します!算数・国語の隔週授業です。なお、入室テストまたは公開テストで受講資格が必要となります。


●合格実績を出し続ける馬渕教室の授業は、もちろん、毎回が「真剣勝負!」●

馬渕教室の中でも、合格実績が抜群の天王寺校。授業の他にも、授業前後の質問対応や、弱点単元の「補習」なども積極的に行う『面倒見の良さ』は、一度来ていただければ、必ず実感できるはずです。苦手な教科はその担当者が個別にアドバイスし、「補習」に呼びます。学校の定期テストに向けての対策としては、2週間前から「対策授業」を実施し、「テスト攻略シート」に基づいて、一緒に計画を立て、進捗状況を確認しながら、成績アップに努めます。

●集中できる「自習室」は、いつでも利用できます!●

自習室は、個別に仕切られたブースになっており、生徒からは「静かで、集中して勉強ができる!」と好評を得ております。「どの生徒」が「いつ来て」「いつ帰ったのか」をきちんと把握し、「どれくらい勉強したのか」まで確認しています。先生たちがいる事務所からよく見える場所に自習室があります。自習室は「ガラス張り」で、先生はしっかりお子様の様子を見ていますので、ご安心ください!

●「欠席したら、振替授業ってありますか?」●

―――「まぶち欠席フォローWeb」を使い、欠席した授業を受講することができます!
病気や家庭のご都合などでやむなく欠席した場合でも、馬渕教室では授業内容をフォローするためのシステムがあります。自習室内に設置したパソコンを使い、欠席した授業を受けることが出来ます。映像で指導しているのは馬渕教室トップの教師陣。短時間で集中して、わかりやすく欠席内容をフォローいたします。

●「何年生から授業がありますか?」●

―――小2・小3対象の「まぶちコア・スタディ」を開講しています!
高校受験コースや中学受験コースに入室する前の段階で、基礎学力を中心とした指導を行います。天王寺校では、月曜日・木曜日・金曜日に開講しており、どのお子様も元気に通われています。早いうちから馬渕教室で勉強することで、「勉強の楽しさ・おもしろさ」を体験し、勉強が好きな生徒になっていただきます!

●「小学生 土曜勉強会」毎週開催! ※どなたでも参加できる無料講座です!●

「塾の宿題が分からない!」「親が教えると感情的になってしまう」など、いろんな不安や心配があると思います。
そんな不安を払しょくするために、天王寺校では、毎週土曜日14:00~16:00で勉強会を実施しています。塾のテキストやそれ以外のどんな質問にも答えますよ。
※普段、馬渕教室に通っていない小学生も参加できます!
ぜひ、お友だちや兄弟姉妹をさそって来てね!お電話でお気軽にお申込みください。

●インタビューコーナー●

Q1. なぜ馬渕を選んだのですか? また、なぜ馬渕に転塾したのですか?
①馬渕の実績がすごかったので、そんな塾で勉強して力を付けたかったから。
②体験授業が分かりやすかったから。
③自習室が個別ブースで集中できるから。
④振替授業が充実しているから(欠席しても大丈夫!!)
⑤やっぱり映像授業がすごいから!!(何度でも復習可能)
⑥友達が馬渕に転塾して、いっぱい質問答えてもらえてわかりやすいと聞いたから。
⑦授業で分からないところをキッチリ解説してくれるから。

Q2. 馬渕に来てよかったことはありますか?
①定期テストの合計が150点以上アップした!
②いっぱい質問に答えてもらえてわかりやすい。
③公開テストで偏差値が15以上アップした!!
④先生たちがみんな面白くてわかりやすい!
⑤勉強の仕方がわかった!!

初めから良い成績で入室した生徒ばかりではありません。
馬渕でしっかり実力をつけていこう! 次は君の番です!!

※校舎単独実績にはSSS・灘高専門クラス移籍生を含みます。

▲ページの先頭へ