校舎詳細

パース豊津校
送迎バスあり
06-6339-6400

入室について

馬渕教室へ入室を希望される方は、「入室テスト」を受験して入室資格を取得してください。

●お申し込み:校舎までお電話いただくか校舎窓口にてお申し込みください。
フォームからのお申し込みは、3日前までの受付となります。

→ブラウザの環境によっては、上記日程が表示されない場合がございます。その際はこちらをご覧ください。

まぶち欠席フォローWeb

校舎詳細

対象学年 小学2年生〜中学3年生
電話番号
受付時間:午後2時~午後8時 (日・祝は休み)
住所 吹田市垂水町2丁目2-4

※阪急豊津駅スグ!


詳しい地図はコチラ(Googleマップ)

豊津校で開講中の特別講座

校長よりひと言

馬渕の夏期講習 後期生募集スタート!
後期コースは2学期の先取り授業です。万全の状態で2学期を迎えませんか?
夏期講習の後受講には事前にテスト受験が必要です。お電話にてお申込みください。
クラスにより、後期カリキュラムスタートが異なってまいります。

後期コース最終受付日

小4小5小6中1中2中3
8/3まで8/17まで8/8まで8/5まで8/5まで7/29まで

※8/10~8/16は休講中につき、受付いたしかねます。


◆2017年度入試◆

北野高校4名合格
豊津中から4年連続北野合格達成
茨木、豊中、大手前他、文理学科設置校に20名合格!
洛南高校3名合格
明星、清風、四天王寺、京都女子、立命館に20名合格!


◆1学期中間テスト・実力テスト◆

中1の93%が90点以上獲得!

<生徒の声 中1生のみ抜粋>
中1 吹田6中 Tさん 483点
社会の先生には間違えているところを直接見てもらいました。理科では重要なポイントを繰り返し押さえられ、数学では演習プリントを繰り返すことで初めてのテストへの対策ができたと思います。英語は単語プリントが役立ちました。

中1 豊津中 Aさん 478点
理科の問題は馬渕の授業通りに出ました。社会についてはわからないところがあったので、先生に質問に行って教えてもらいました。テスト前に目標を決めて勉強に取り組んだことで気持ちが入りました。

中1 吹田5中 Kさん 473点
国語では答え方や解き方が授業を通してわかるようになりました。

中1 吹田5中 Hさん 473点
定期テストで出るところを教えてもらえました。特に理科では覚えないといけないところを教えてもらえたのがよかったです。


◆Q&A◆

Q.豊津中・吹田3中・吹田5中・吹田6中生の内申対策については?
定期テスト前には通常カリキュラムをストップし、各中学に合わせて定期テスト対策授業をいたします。各科目・中学の出題傾向をつかみ、授業に取り入れております。定期テスト直前の日曜日には校舎を開放し、学校課題を用いた講座を豊津校では実施しております。

Q.英語改革への対応については?
指導要領改変により、予想通り中学校での英語教科書が大きく難化しました。中学1年は教科書のページ数や習得単語数が大幅に増加しました。それに伴い、従来よりも速いスピードで授業が進んでいます。公立入試では設問が英文になり、長文問題が増えます。リスニングもこれまで以上に重視されます。2020年小学校では英語が評価対象の正式な教科に変わる予定です。さらに、現状の外国語活動の開始学年が小3に引き下げられることにより、英語がますます重要視されてきます。高校入試、大学入試でも「聞く・話す・読む・書く」の4技能評価になり、さらなる難化、激化は必至です。こういった変革にもいち早く対応し、馬渕教室では小4から英語を新規開講し、教材やカリキュラムにおいて、万全な対策をとっております。

Q.弱点単元の補強や欠席した授業については?
『いつでも復習Web(まぶち欠席フォローWeb)』で過去の授業の復習が可能です。
「途中入室で抜けている内容が・・・。」という方にとって、馬渕教室は万全の学習システムでお応えできます。欠席者の振替授業のみならず、前学年の苦手単元を復習したい、という場合も無料で対応できるので安心です。優れた合格実績が生まれる仕組み、それは、『分かりやすくてやる気の出る授業』に加えて、緻密なフォロー体制にあります。授業のない日でも授業の前後でもご都合に合わせて、ご予約のうえいつでも受講が可能です。受験前や定期テスト前にも役立ち、大好評です。


◆まぶちコア・スタディ◆

小2・小3生対象に早期からの学習習慣の構築、基礎学力向上を目的に開講する少人数制の講座です。実際の講座内にて体験が可能です。時間等詳細は校舎までご連絡ください。ご参加、お待ちしております。


※校舎単独実績にはSSS・灘高専門クラス移籍生を含みます。

バスルート

江坂・片山山手町 方面/JR吹田南 方面

バスルート
▲ページの先頭へ