大きく変わる大学入試

2020年度から大学入試が変わります。

2020年度から『大学入学共通テスト』が実施されます。
これまでのマークシート方式の「知識や技能」を中心に問う問題から、知識・技能をもとにした『思考力・判断力・表現力』を中心に問う問題へと変化。
さらに、選択問題だけでなく、記述式の問題も出題されます。
また、英語は4技能(読む・書く・聞く・話す)を重視。外部資格検定試験も活用されることになります。
大学入試が難化することは必至です。

大学入試改革のポイント

①国語・数学で記述問題を実施。

記述式問題では、実務的な文書や新聞記事、会議の記録、論説、統計資料などを素材とする問題が例として挙げられており、一般的な「国語の読解」とは異なる「読み取る力・考える力」が必要に。数学においても、日常生活や社会事象をテーマとして扱った問題が取り上げられています。知識のみならず、学んだことを活用する力、学んだことをもとに考える力が求められています。

講習会オリエンテーション

②選択問題でも「思考力・判断力・表現力」を重視。

選択問題についても「思考力・判断力・表現力」を一層重視するという方針。基礎基本となる知識と技術をしっかりと身につけ、それをもとに考える、それをもとに構想を練るといった力が求められます。

講習会オリエンテーション

③英語は4技能を重視。外部資格検定試験の活用も開始。

英語の大学入学共通テストでは、従来の選択式問題の他に、実用英語検定(英検)やTOEFL、IELTSなどの外部資格検定試験が併用されることになっています。どちらの場合も「読む・書く・聞く・話す」の4技能を重視。2024年度からは外部資格検定試験のみに一本化の予定です。小学校では、2020年度から小5・小6での英語の教科化がスタートします(移行措置は2018年度から)。

講習会オリエンテーション

2024年度からはさらに進化。より高度な学力が求められます。

教科ごとの対応

馬渕教室はいち早く全教科完全対応!

馬渕教室に「単なる暗記」教科はありません。
すべての教科で大学受験、さらにその先を見据えた指導を行います。

英語

4技能の基礎となる語彙力を小学生から鍛える。

新指導要領では小学生は「600〜700語」、中学生では「1600〜1800語」を学習することになります。馬渕教室ではオリジナル単語帳『まぶちの英単語』を使用して、小学生では約800語中学生では約2300語以上の英単語学習を目指します。

講習会オリエンテーション

「読む」「書く」「聞く」「話す」の英語4技能を鍛える。

馬渕教室オリジナルテキストで「読む」「書く」「聞く」「話す」の4技能を小学生の段階からバランス良く鍛えていきます。中学生では文法学習で「書く」力、リスニング教材を通して「聞く」力、音読・暗唱教材で「話す」力を修得。中3では論理的に英文を「読む」ことができるように、パラグラフリーディングの習得を目指します。さらに長文の内容もテストし、授業の達成度を確認しながら指導しています。

講習会オリエンテーション

算数・数学

将来に活きる数学の力をつける。

「知識・技能」の徹底指導と並行して、小学生から授業内で右記のようなテストを継続的に行います。それにより、問題文から条件を正確に読み取り、それを整理して論理的に正しい答えを導き出す力、いわゆる数学的思考力を段階的に身につけ、中学数学へと移行していきます。

講習会オリエンテーション

国語

すべての教科の基盤となる思考力・表現力を養う。

国語はすべての教科の基礎と言えます。思考のもとになる語彙力を高め続けることはもちろん、高校受験に向け、小学4年生から「なぜ?」と考えることを習慣にできる教材を用いながら、論理力・表現力を養っていきます。

講習会オリエンテーション

理科

科学的思考力を育てる原理・原則の理解と活用。

理科は4分野(生物・地学・物理・化学)に及ぶ幅広い知識が必要ですが、理解した原理原則や知識を活用し、「分析力や思考力・表現力」を育てる授業を行っています。『既に知っていること』から『知らないこと』へ対応することで、将来に必要な科学的思考力を身につけることができます。

講習会オリエンテーション

社会

知識と記述力を社会科指導。

社会科は、「知識の定着」に加えて「思考力」「文章記述力」の充実が図れるカリキュラムです。映像教材の地図や動画、統計資料を用いて原理原則や背景を学び、それをもとに推測する力や、自分の言葉で表現する力を鍛えていきます。

講習会オリエンテーション
▲ページの先頭へ