小学英語

中1英語の先取りで
「受験に強い英語力」を育てます。

中1英語の先取りで「受験に強い英語力」を育てます。

2011年度から実施されている小学5・6年生の「英語活動」必修化は、2020年度から小学3年での必須化へと対象学年が引き下げられ、小学5・6年では成績がつく「教科」へと変わっていくことになります。
また、大学受験においても、2020年度より、外部模試の活用も含め、4技能を対象とする試験が導入されることになります。これまでにも増して、英語への「早期」からの取り組みが非常に重要です。
馬渕教室の小学英語はこのような状況にいち早く対応し、5年生と6年生の講座に加えて、4年生のコースを開講し、早い段階から英語に慣れ親しみ、中学入学後も無理なく英語力が伸ばせるよう、特別のカリキュラムを組み、お子様の英語に対する知識や関心を広げてまいります。
馬渕教室の小学英語では、小学校の英語教育で不足しがちな要素を教材・授業に取り入れており、中学校での定期テスト、高校受験はもちろんのこと、高校以降の英語学習にも大きな力を発揮できるよう構成されています。

馬渕教室では、英語で「読む」「書く」「聞く」「話す」4つの力をバランスよく伸ばす指導を重視。

小・中の英語授業がさらに難化。高校入試、大学入試の英語も「読む・書く・聞く・話す」 4技能評価に変わる!

[文部科学省の英語教育改革方針] さらなる難化、激化は必至!

  • 小5から英語を正式な教科として導入。
  • 中学では英語授業を原則英語で行うことを基本に。
    2020年から本格実施予定。
  • 大学入試は総合的な英語力を測る形に転換…など。
↓

馬渕の進化ポイント

馬渕の進化ポイント1

単語学習を4年生のうちに習慣化!+ 小学生のうちに800語を指導する新カリキュラム

これまでの基本単語の聞き取り、発音重視から、フォニックス※を活用した正しいライティング指導に力点を置いた学習へワンランクアップ。中1英語の中心、単語学習を4年のうちに習慣化。
※フォニックス:発音とつづりの関係をルール化したもの

馬渕の進化ポイント

馬渕の進化ポイント2

発音やリスニングも連動させた体系的な授業!

文法内容を確認しながら会話文の暗唱をレッスンに導入。準拠CDを自宅で聞くホームワークをさらにプラス。自然に、楽しく、中1英語の半分程度を修得していきます。

「英語は話せて当たり前」の時代に。
馬渕教室は「小学英語」の特長をさらに強化していきます。

今後ますます進む社会のグローバル化に備え、英語を直読直解する読解力を養成するためにはリスニング力アップが求められると言われます。馬渕教室ではこれまで「小学英語」で培ってきたノウハウを生かし、最短ルートで英語力がつく指導を強化しています。簡単な英会話を含め、基本的な内容を英語で聞き取り、英語で表現する力を高めていきます。

▲ページの先頭へ