高校受験の馬渕教室 馬渕教育グループが運営する兵庫、大阪(地下鉄·JR·京阪·阪急·近鉄·南海沿線等)、京都、奈良、滋賀の学習塾。

小学英語

中学英語の先取りで「受験に強い英語力」を育てます。

2020年度から、小学校の授業から大学受験まで広く英語改革が行われています。小学5・6年生は成績のつく「教科」へ、大学入試では4技能を対象とする試験の導入が検討されています。 馬渕教室ではこうした英語教育の変化に応えて「小学英語」の指導内容を強化・充実させています。音声の比重が高まる中学・高校英語に備え、発音やリスニングはもとより、実用表現の練習や作品の音読・暗唱により、豊かなコミュニケーション能力を養います。また、単語の筆記練習も積極的に行い、語彙力を高めるなど、非常にバランスの取れた学習内容です。

馬渕教室では、英語で「読む」「書く」「聞く」「話す」4つの力をバランスよく伸ばす指導を重視。

小・中の英語授業がさらに難化。高校入試、大学入試の英語も「読む・書く・聞く・話す」 4技能評価に変わる!

[文部科学省の英語教育改革方針] さらなる難化、激化は必至!

  • 小5から英語を正式な教科として導入。
  • 中学では英語授業を原則英語で行うことを基本に。
  • 大学入試は総合的な英語力を測る形に転換…など。
↓

馬渕の進化ポイント1

馬渕の進化ポイント1

単語学習を4年生から習慣化!

新しい英語は早期スタートがポイント。小4〜小6の3年間で800語指導のカリキュラムで対応します。

馬渕の進化ポイント2

馬渕の進化ポイント2

発音やリスニングも連動させた体系的な授業!

英語はこれまでの「4技能」(聞く、話す、読む、書く)が「5つの領域」に!(1.聞く、2.読む、3.話す−やりとり、4.話すー発表、5.書く)。従来の発音・リスニング指導に加えて、作品の音読・暗唱をレッスンに導入。話す力、表現する力を育てます。

「英語は話せて当たり前」の時代に。
馬渕教室は「小学英語」の特長をさらに強化していきます。

今後、社会のグローバル化がよりいっそう進む中、英語への「早期」からの取り組みが重要になってきています。馬渕教室では、時代のニーズに柔軟に学習内容を合わせていくと同時に、小学校の英語教育で不足しがちな文法指導なども授業に取り入れて、4技能をバランスよく伸ばします。これまでの「小学英語」で培ってきたノウハウを活かし、生きた英語力が最短ルートで身につく指導を行っていきます。

▲ページの先頭へ