モジュール·タイム

小学生の間だからこそ、生徒たちのなかの眠った才能を引き出したい

小学生の間だからこそ、生徒たちのなかの眠った才能を引き出したい

高校受験のみならず、将来必ず必要になる「考える力」。
モジュール・タイムでは、その基盤となる「基礎学力」を磨きます。

モジュール・タイムとは?

モジュール・タイムとは?

小学生の授業の最初には「基礎学力練習」の時間が組み込まれています。
百ます計算・暗算・漢字・音読などを組み合わせて、「短時間で・テンポよく・繰り返し」生徒たちの学力の基盤づくり集中力向上を目指します。

音読
〜脳をあたためる〜

音読 〜脳をあたためる〜

七五調などリズムのある作品を中心に、声に出して読んでいきます。
教師のテンポのいい指示に合わせて、追い読み・分読などを行います。
次々と脳が切り替えられ、集中力が高まります。

フラッシュ系モジュール
〜脳に力を入れる〜

フラッシュ系モジュール 〜脳に力を入れる〜

都道府県フラッシュ(映像授業)

都道府県名を、地方ごとにテンポよく答えていくことで、
中学以降の学習の基盤が作られます。

フラッシュ暗算(映像授業)

次々とあらわれる数字を足して、声に出して答えていきます。
楽しみながら集中力と暗算力を高めていきます。

部首フラッシュ(映像授業)

ランダムに次々と映し出される漢字の部首を声に出して答え、確実に定着させていきます。

フラッシュカード

算数や国語はもちろん、理科や社会など、素早くめくられていくカードの質問に答えていきながら、基礎学力を習得していきます。

百ます計算
〜モジュールの最終段階〜

百ます計算 〜モジュールの最終段階〜

毎回モジュール・タイムの最後に、百ます計算を行います。
「速く計算して書く」練習が、この後の教科学習の集中力につながります。

モジュール授業の有効性

モジュール授業の有効性

①基礎学習の反復・集中で「学力向上」

1.基礎学習の反復・集中で「学力向上」

百ます計算などの、「読み・書き・計算」の基礎学習の反復・集中は、学力低下を抑止する方法であるとして提唱されております。これらを参考にして、独自のカリキュラムを組み込んだのが馬渕教室の「モジュール・タイム」です。

②脳医学的効果

2.脳医学的効果

脳医学の分野でも、百ます計算など「基本的なこと」を「集中」して「反復練習」することが、脳の前頭葉を活性化させ、学力向上に効果がある、という研究結果が出ています。

③指導要領の改定

3.指導要領の改定

子どもたちの学力低下が明確になり、文科省では指導要領の見直しを進めています。「基礎学力の向上」を大きな柱としていますが、各公立学校で機能するようになるまでは、まだ相当の時間がかかると考えられます。

▲ページの先頭へ