高校受験の馬渕教室 馬渕教育グループが運営する兵庫、大阪(地下鉄·JR·京阪·阪急·近鉄·南海沿線等)、京都、奈良、滋賀の学習塾。

まぶち生応援ブログ〜まぶブログ〜まぶち生応援ブログ〜まぶブログ〜

2021.10.13
最適な学習環境づくりを

みなさん、こんにちは。燃えるような夏が終わり、すっかり涼しくなり、「勉強の秋!」と言いたいところですね。さて、勉強をする前に一度まわりを見渡してください。本当に学習に適した環境になっていますか。

みなさんは、「割れ窓理論」について知っていますか。「割れ窓理論」とは、アメリカのジョージ・ケリング博士によって提唱されたもので、一枚の割れたガラスをそのまま放置しておくと、それを見た人は修理するどころか、さらに窓ガラスを割っていき、そこから様々な人が周辺を汚していいと錯覚してしまいます。そして、最終的には、街全体が荒廃してしまうという理論です。

身近なところで例えるなら、本や雑誌、教科書が本棚の所定の位置に収納されておらず、無造作に床などに散らばっている。そして、それを放置したままにしておくと、さらに、本や雑誌が散乱し、最終的に足の踏み場が無くなってしまいます。こうなってしまうと、部屋としての機能が完全に失われてしまいます。

テスト類などのプリントはどうでしょうか。まさか、受けっぱなしで、カバンの中で眠っている、クシャクシャの状態でカバンの中から出てくるなんてことはないですか。
もしそうなら、モッタイナイですよね。まずは、科目ごとのファイルをつくりましょう。そして、プリントやテストを科目ごとに入れて整理しましょう。そうすれば、その科目のやり直しや解き直しがしたい時に、すぐに取り出すことが出来ますね。探す手間が省けることで、時間の短縮にもなり、その分、勉強する時間が増えて成績向上にも繋がります。

みなさんが通っている馬渕教室の校舎では、集中して勉強に取り組める環境作りを日々行っています。毎日、みなさんがしっかり勉強に打ち込めるように、教室も自習室も綺麗に掃除がされています。

さあ、今から、自分の学習環境を今一度見直してみましょう。不必要な物は、目に見えないところに直し、お部屋を綺麗な状態にしてみてください。そして科目ごとに、ファイルを整理し、テキストなどの教材を所定の位置に収納しましょう。例えば、この英語の教科書は本棚の一番上の左端に置いておくというように、「物の住所」を決めておくこともオススメです。

ただ、それでも家では、勉強が出来ない。周りに誘惑が多すぎて集中できない。そんなあなたのために、馬渕教室は自習室をはじめ、常に最高の学習環境で、みなさんをお待ちしております。是非、時間のあるときは、少しでも馬渕教室に足を運んでみてください。それがみなさんにとって、最高の場所になるはずです。

2021.09.06
音読は効果的な学習方法

みなさん、こんにちは。
夏休みも終わり、新学期が始まりましたね。2学期には苦手科目を克服しようと考えている人や、成績をこの機会に是非上げたいと思っている人も多いのではないでしょうか。そんなみなさんに、今日は成績を上げる効果的な学習方法の1つをお伝えします。

それは、ズバリ「音読」です。音読で得られる効果は様々です。学力面から人の内面に関わる部分まで多岐にわたり、科学的にもその効果が認められています。最近ではテレビの番組でもちょくちょく音読の効果について取り上げられていますね。

声を出して読むことで、まずは語彙力や読解力が向上します。音読するには、漢字の読み方や言葉の意味、文の流れを意識しながら読むことが必要になるため、自ずと文章の構造を考えるようになるからです。また声に出して読む「音読」では、目と耳と口を一度に使うため同時に反復効果が得られます。それにより、目で読むだけの黙読に比べて、文章理解も進みます。更に声に出して読むために、読み飛ばしも減り、注意力も向上します。

効果はそれだけではありません。音読をすることで学習意欲(勉強へのモチベーション)が高まります。声を出すことで作業意欲も増し、同時に、ストレスも軽減されることから、リラックス効果も得られます。音読は脳と心を活性化させるのです。

このように音読は、国語力を鍛えるだけではなく、脳を活性化し、記憶力・集中力・注意力など様々な力を気づかないうちに、日頃から少しずつ高めてくれるとても実利的な学習方法です。

今まさに、2学期からがんばろうと思っているみなさん、今までがんばったのに、特に何も変わらないと思っているみなさん、寝る前の5分を使って、その日に学習したことを振り返る復習を「音読」で始めてみてはいかがでしょうか。「毎晩5分の音読」がみなさんを変える「良い習慣」になるといいですね。

2021.07.21
チャレンジの夏、やり直しの夏

みなさん、こんにちは。1学期も終わり、ここから長い夏休みが始まります。1学期は新学年がスタートしたこともあり、新しい気分で馬渕教室や学校に通っていたのではないでしょうか。私の1学期の思い出といえば・・・、小学校のときの児童会選挙応援演説大失敗です。
小学6年生の児童会選挙。面白くて人気のある親友が立候補、今では想像できないほど人前で話すのが苦手な私。親友のために全校生徒の前で応援演説を行うも、これまでの親友の数々の面白いシーンが私の頭の中で回想され笑いをこらえきれず、ずっと笑ったままで、持ち時間が終了。私にとってかなりの恥ずかしい失敗でした。親友は私の斬新な演説のインパクトがあってか当選したのですが、私には人前でうまく話せなかった失敗だけが残りました。ただ、その当時の担任の先生が「これではいかん!」と思ったのでしょうか、9月の全校集会で「夏休みの思い出作文」を全校生徒の前で読む役目を私に与えました。「あの先輩だ」とざわつく下級生の中、先生と必死に練習した甲斐もあり無事読み切ることができました。そして、この時の大勢の人の前で話すことができたという自信が、今につながっています。

江戸時代後期から明治の発明家である田中久重は

「事を成就するには、志があり、忍耐があり、勇気があり、失敗があり、その後に、成就があるのである。」としるしています。

例えば小学生のみなさんは漢字を覚える時、何回も何回も間違えて、なんとか最終的に覚えたという経験がありませんか。私は小学2年生の時、学校の先生に「九九を覚えないと夏休みはない」と言われ、何回も間違えながら必死に覚えた記憶があります。中学1年生なら中間テストが思うようにできなくて、四苦八苦しながら期末テストで結果を出した人もいるでしょう。中学2年生、3年生なら、勉強や部活動でこのような経験を多く積んでるのではないでしょうか。

何をするにもまず志(目標)をもってやる気が生まれ、途中に必死に頑張る忍耐の時間があって、そこでくじけそうになってもチャレンジする勇気を持ち、失敗してもそこでなぜ間違ったのかを分析し、そして再び立ち上がって、最後に成功するのです。

私は、失敗することを恐れ、動きださない生徒をよく見ます。そして、動きだしはするが、失敗してもなぜ間違ったのかを分析せずに、同じ間違いを何度も繰り返す生徒もよく見ます。夏休みは一年間で一番、勉強できる時間があります。この時間で、1学期にできなかったことにチャレンジしたり、今までに直せなかった間違いをしっかり分析して、やり直す。是非、この夏をそういった時間にあててみてください。

2021.06.07
悩んだときは、とりあえずやってみる

みなさんは、これまで、「勉強しないといけないのは分かっているけれど、なぜか勉強する気にならない。」という経験をしたことがありませんか。
例えば、本当は、今やらないといけない宿題を後回しにしてしまって、提出期限に遅れてしまったり、休みの日に一気に勉強しようと思ってみたものの、結局、全然はかどらず、「今日1日を無駄にしてしまった…」と自己嫌悪に陥ったりしたことはありませんか。

これに関して、社会心理学では「認知的不協和」という言葉があります。人が陥りやすい、とても面白い心理的傾向なので、ここで紹介しますね。

人間の感情というのは、とても複雑です。先ほどの例のように、みなさんもこれまでに、「勉強しないといけない」という気持ちと「勉強したくない」という気持ちを同時に持ったことがあるかもしれません。このように正反対の考え方が頭の中にある状態のことを「認知的不協和」といいます。

当然ながら、頭の中に矛盾した感情があると、人は不快に感じるので、人間はこの状態をなんとかしようとして、どちらか片方の考え方を無意識のうちに都合良くゆがめてしまいます。「勉強する」ことと「勉強しない」ことを比べると、「勉強しない」方が楽なので、「勉強しない」言い訳を作って、「認知的不協和」を回避しようとします。

これは日常生活のいろんな場面でも目にします。例えば、買い物に行って、少し高価な商品を目の前にして、買おうかどうか悩んでいるときに、その商品の売り場に、「頑張った自分へのご褒美に!」という広告がついていると、「もっと安い商品もあるけれど、自分は毎日よく頑張っているから、今日くらいはこの商品を買ってもいいよね!」とついつい手を出してしまいませんか?「高価な物がほしい」「お金の浪費を避けたい」という認知的不協和が、うまく解消されてしまったことが分かると思います。

しかしながら、自分にとって楽な選択ばかりしていたら、いつまでも成長できません。 "If you want to do something, do it now!" (もし何かしたいなら、今、それをやれ!)という有名な言葉にもあるように、最善の方法は、あれこれ考えずに、まずは、行動に移すことです!人間の意識や感情は面白いもので、「勉強する」という行動をずっと続けていると、人はいつの間にか「勉強をしたくない」と思わなくなってしまうようです。嫌々でも、まずは手を動かしてみる。面倒でも、とりあえず、やってみる。これがやる気につながる一番のコツなのです。そして、このことは「作業興奮」効果と呼ばれています。

馬渕教室で、様々な生徒を見ていると、伸びる生徒は、みんな「できない理由」や「やらない理由」ではなく、「どうやったらできるのか」を考えています。そして、悩んだときは、とりあえずやってみる。そんな生徒が多いのではないのでしょうか。では、みなさんも、是非、明日から・・・ではなく今日から実践してみてください。

2020.10.19
効率的な勉強スケジュール

夏の暑さが過ぎ去り、朝晩はだいぶ涼しくなってきました。秋への移ろいを実感する今日この頃ですが、皆様どのようにお過ごしでしょうか。

受験生の皆さんは、いよいよラストスパートの時期ですね。不安が先行して、勉強していないと落ち着かない…なんていう人もいるかもしれませんね。

事実、残された時間が少なくなってきて、今まで以上に「いかに時間を有効に使うか」が勝負の分かれ目になると言っても過言ではありません。

ところで、皆さんは、どのように勉強のスケジュールを組んでいますか?勉強量を増やすために、睡眠時間を削って夜中まで机に向かって、結果、学校や塾の授業中に眠くなって集中できていない…なんていう悪循環に陥っている人はいませんか?これでは本末転倒ですよね。

そもそも、どれぐらいの時間勉強すればいいのか?現状の自分の立ち位置や志望している高校など、それぞれ個人差はあれども、おそらく「休みの日は1日8時間勉強する」と聞いて、少ないと感じる人はいないでしょう。逆に8時間も勉強するのは大変だと思う人もいるでしょう。

もちろん、8時間ぶっ続けで勉強することなどできません(一説によると、人間の集中力はもって2~3時間が限界だそうです)。では、どのようなスケジュールで1日8時間の勉強をすればよいのでしょう。

たとえば、こんなスケジュールはいかがでしょう。朝は早めに起きて顔を洗って歯を磨き、朝食を食べて、9時に勉強開始、そして11時まで勉強。休憩しながら昼食を食べ、気持ちを切り替えて、13時から15時まで勉強。少しであれば昼寝をしてもいいでしょう、休憩を1時間ほどとって、16時から18時まで勉強。夕食を食べ、お風呂に入って、疲れをとり、21時から23時まで勉強、そして就寝。

これで2時間×4の合計8時間勉強していることになります。これなら、それほどキツいスケジュールには感じないのではないでしょうか。ある程度休憩をはさみつつ、オンとオフをしっかりと使い分け、リフレッシュしながら勉強することで、学習効率も高まるはずです。私はこの方法で勉強し、高校受験も大学受験も志望校に合格することができました。

勉強スケジュールの立て方がわからないという人にとって、少しでも参考になれば幸いです。そして、皆さんが、志望校の合格をつかみ取ることを心よりお祈りいたします。

2020.09.14
自分を支えてくれる人たちのために

みなさんこんにちは。少し短い夏休みも終わり、2学期が始まった地域も多いことかと思います。
中3生にとっては、志望校を決める大切な学期です。
公開テストはもちろん、学校の定期テストや実力テスト、様々な模試を通して自分自身の位置を知り、そして課題を見つけ、改善し、成長していく。
これからはそんな近道のない地道な毎日を積み重ねる日々が続いていきます。
もちろん、そんな毎日の中でうまくいくことばかりではありません。
きっと努力が成績に表れないことや入試への不安などで心が苦しくなることがあるはずです。

そんな時には少し視野を広げて考えてみてください。そして、自分に問いかけてみてください。

「あなたが高校受験に一生懸命な理由は何ですか?」

「自分自身の夢のため」や「自分自身の将来のため」と答える人が多いかもしれません。
もちろん、自分自身のために努力することは素晴らしいことです。
ただ、一方で、私が高校受験の中で本当に一生懸命になれたのは「自分自身のため」ではなく、「自分を支えてくれる人たちのため」と心の底から思えたときでした。

中学生の頃の私は馬渕教室で、ある国語の先生に出会いました。
あまり良い生徒ではなかった私にも、いつも一生懸命に接してくれ、子供心ながら「この先生に喜んでほしい」と思いました。そう思えてからは、今までよりも勉強に対して一生懸命取り組むことができるようになりました。
それは、大人になった今でも変わりません。

今、私は教師として馬渕教室で働いています。校長として日々奮闘中ですが、あの頃と変わらず、自分のためだけではなく、目の前の生徒のため、一緒に働くスタッフのため、支えてくれる上司のために一生懸命になることができます。今も多くの仲間に支えられ、それが原動力になっていることは、あの頃と変わりません。

きっと、皆さんにもたくさんの支えてくれている人たちがいるはずです。
もし、そんな人たちに、喜んでほしいと心の底から思えるようになったら、きっと、苦しいことを乗り越えられる新たなエネルギーが湧いてくるはずです。

さあ、ここからの半年間、苦しい時は、支えてくれる人たちのことを思い、受験に立ち向かっていきましょう。

2020.08.07
興味を深めるところから

夏期講習会真っ只中、皆さん成績アップに向けて頑張っていますか?毎年たくさんの生徒が馬渕の夏期講習会で力を付け、合格へ大きく一歩前進しています。

今日は結晶に関する私の体験をお話しします。私は中学2年生の夏休みに理科の自由研究でミョウバンの結晶を作りました。ミョウバンの結晶は八面体の非常に綺麗な形をしています。当時から理科が好きだった私は「できるだけ大きな結晶が作りたい!」そう思って父親に頼み込んで容量2リットルの巨大なビーカーを買ってもらいました。次は図書館で結晶を大きくする方法を調べ、ミョウバンの飽和水溶液を、とにかく“ゆっくり冷やす”ことがポイントだと知りました。(急激に冷やすと細かな結晶しかできません。)そこで私は大きなビーカーが入る発泡スチロールを手に入れ、冷めにくいように回りにもお湯を入れたり、毛布で包んだりと、失敗と工夫を重ねながら、ついに1週間かけてゆっくり冷やすことに成功し、大人のにぎりこぶし程の大きなミョウバンの結晶を完成させました。

私の経験を皆さんはどのように感じますか?大きな結晶の作り方なんて、テストに出ないから役に立たないと感じる人もいるかもしれませんね。もちろん当時の私もただ、大きな結晶を作ったことに満足していたのですが、実はこの経験が他の勉強をする時にも役に立ったのです。

火山周辺にできる岩石には、「火山岩」と「深成岩」の2種類があります。「火山岩は斑状組織」「深成岩は等粒状組織」というのは入試でもよく出題されますね。比較的“大きな”結晶からなる等粒状組織のでき方は「地下深くでマグマが“ゆっくり”冷え固まってできる」と習ったことがあるでしょう。これはまさに大きなミョウバンの結晶を作るときのポイントと同じなのです。このように、興味のある事柄について、一歩踏み込んで学習してみて下さい。それが、いつかまた違ったところで、あなたの勉強に役立つことがあるでしょう。

皆さんはどんなことに興味がありますか。社会が好きな人なら歴史上の人物について詳しく調べたり、英語が好きな人なら、英単語の語源について深く調べてみるのもいいかもしれません。

ちなみにその時作った結晶は、中学校の先生にすごく褒められたところまでは良かったのですが、「理科室に飾るからもらうね」と言われ、控えめな性格だった私は「返して欲しい」とも言えず、ついに私の手には戻ってきませんでした(笑)。しかし、その時のワクワク感は、今でもずっと心に残っています。皆さんも、この夏休みの機会に是非、自分の興味を深めてみてはどうでしょうか。

2020.07.01
成績の上がり方を知ることで、苦手科目が克服できる!

みなさん、こんにちは。いよいよ学校も再開され、本格的に新年度のスタートですね。この機会に心機一転、勉強で苦手科目を克服しようと考えている人もいるのではないでしょうか。そんなみなさんに、成績の上がり方のお話です。

成績は勉強すれば上がるのは少なからず本当ですが、実は1時間勉強するごとに、偏差値が1ポイント上がるといったような勉強時間と偏差値が比例して結果が出ることはまれです。最初は勉強していてもなかなか成績は上がらず、あるとき急に伸びはじめることが多いようです。この現象を「ブレイクスルー」というそうです。これには理由があって、分野を超えて様々な基本がある程度わかるようになった時、応用問題の仕組みが見えるようになり、急にどんどん解けるようになるためです。例えば、算数の四則混合計算では、足し算・引き算・かけ算・割り算のどれか一つでも解らない計算があれば、解くことが出来ませんが、4つの理解度がすべてそろったときに、それまで解くことが出来なかった四則混合計算もスラスラと解けるようになるといったようなことです。特に苦手科目では、その基本に積み残しがあるため、勉強をはじめてもすぐには成績に表れないことがあるのです。ただ、そこで大切なのは、その期間を我慢し、継続して勉強出来るかということです。そこでがんばることが出来れば、「ブレイクスルー」がいつかあなたにも訪れます。

実際、勉強だけでなくスポーツなどでも注目されていなかった選手が急速に成長する例があります。例えばプロ野球で、日本からアメリカに渡り日米通算203勝をあげている黒田博樹投手は高校時代は上宮高校で控え投手でした。高校時代の公式戦登板は2年生の時のわずか3試合のみだったそうです。 また、大学卒業後、日本のプロ野球で1年目から20勝して大活躍、その後メジャーに渡ってからは日本人初のワールドシリーズ胴上げ投手にもなった上原浩治投手も高校時代は東海大仰星高校の控え投手で、あまり登板機会はなく、高校卒業時にはプロから声がかかることはありませんでした。二人とも、今でこそ野球が好きな人に聞けば知らない人はいない名選手ですが、高校の時は全くの無名選手でした。もし、彼らが高校で野球をあきらめていたら、その後の活躍は見られなかったでしょう。

この初期段階の苦労は自転車によく似ています。自転車で一番力が必要で大変なのは、止まった状態から動き始める漕ぎ出しの瞬間です。実際、スタート時のスピードでは、歩行者の方が速いぐらいです。しかし、一度回転をはじめた自転車のペダルは軽くなり、どんどん加速して、歩行者では見られない軽快な景色が見られるようになります。

今、頑張ろうとしているみなさん、がんばったのに何も変わらないと思って、そこであきらめてしまえば、自転車は止まってしまいます。そこを乗り越えることが出来た人にこそ成績アップの瞬間「ブレイクスルー」がやってくるのです。この新学期のスタートを機に是非、継続して苦手科目の克服に努めてみてはどうですか。きっと、その先には、今までに見たことのない景色が広がっていることでしょう。

まぶログ バックナンバー

2019年度 2018年度 2017年度
▲ページの先頭へ