2021年大きく変わる中学校での英語指導。馬渕で学べば安心!

教科書大改訂のポイント

  • ・中学校で学ぶ語彙数が、現行の1.3〜1.5倍(1200〜1800語)に増加します。
  • ・これまで高校で学習していた一部内容を、中学校で学ぶことになります。
  • ・4技能の内の「話す」が「会話と発表」の2領域に分かれ、使える英語の習得が重視されます。

英語学校教科書の大改訂ポイント

語彙の増加

学習する英単語の数が、現行教科書の1200語から新教科書では1600〜1800語+小学校で学習する600〜700語となり、中3までに約2500語と大きく増加しています。さらに、長文も現行の2〜3倍ほど長くなります。

大学入試までに必要とされる語彙数を比較すると、前の指導要領である2010年代はおよそ3,000語が必要とされてきましたが、新指導要領ではなんと5,000語!小学生・中学生・高校生と、どの学年でも学習レベルが格段に向上していることがわかります。

新しい文法単元の追加

これまでは高校の学習単位であった「仮定法」「現在完了進行形」「SVOC(原形不定詞)」が中学生で学習する内容となりました。

4技能・5領域を意識

英語4技能のうち「話す」が細分化し「やりとり」と「発表」に分けれ、英語4技能「5つの領域」となります。

新学習指導要領、教科書大改訂。馬渕で学べば安心!!

  • 「馬渕オリジナル"まぶちの英単語"」は増加する語彙を完全網羅!
  • 新しい文法単元追加にも「馬渕オリジナルテキスト」は既に完全対応!
  • 学校の定期テストの日程に合わせて、その直前2週間は、定期テスト範囲にそった対策授業を行う「定期テスト対策授業」も全ての教科書大改訂に対応済です。
  • これまでもずっと「聞く」「話す」を重視してきた馬渕の英語指導

新中1応援! 英語特別講座実施!!

新中1応援する英語講座を無料で実施いたします。リスニング授業も毎回行います。

講座回数学習内容
第1回be動詞って何?
第2回be動詞を使ってみよう!
第3回一般動詞はとても便利
第4回一般動詞に慣れよう
第5回疑問詞を使ってみよう!
第6回canで広がる表現のはば

※詳細は各校にお問い合わせください。

「聞く」「話す」を重視する馬渕の英語授業を見てみよう!

馬渕の英語指導、すでに驚愕の成果が出ています!

20年度英検®取得10,490名!

難易度の高い公立高校英語入試でも圧倒的な合格実績

馬渕は小4から英語を徹底指導

▲ページの先頭へ